おいしい栽培ドットコム|株式会社国際有機公社

土壌分析から「見える土作り」で、病害虫対策・連作障害改善・増収・おいしい農産物づくりのお手伝い!

HOME ≫ 「ポーマン」事例・結果

ポーマン使用事例・結果

ほうれん草の生育改善

ほうれん草の生育改善
同じほ場で生育改善試験をしました。 複合土壌診断し、それに従い適正施肥をした上で、ポーマン-Pを施用しました。 根の伸びが良く、葉がしっかりとしたホウレンソウに育っています。

ホウレンソウは、ハウス内で連続的に栽培します。そのため、養分の片寄りや蓄積が大きくなり、ホウレンソウに適さない土壌になっています。

改善策の一つとして、
①複合土壌診断で養分のバランスを整え、
②ポーマンで蓄積した養分の可溶化を進めて、改善していきます。

タマネギ(直播き)- 産地:北海道

タマネギ直播き
直播き栽培のタマネギにポーマン-Lの葉面散布を数回実施。

左/糖度8.0度、硝酸態窒素250ppm、
右/糖度7.2度、硝酸態窒素280ppm、
市販品/糖度7.3度、硝酸態窒素430ppm

キュウリの根こぶ線虫の改善

0000034018.jpg
根こぶ線虫の被害で、以前は根が張らず、養分の吸収が良くなくて、収量が少なかったのです。
肥料の選択の仕方を変えることで改善し、収量が上がってきました。

左:根こぶ線虫
右:改善後

水耕栽培にアミノ酸(水溶性炭水化物)!

0000027282.jpg
水耕栽培、美味しさを期待できないことが多いのですが、養液にイワシのアミノ酸(水溶性炭水化物)を含むポーマン-Lを混ぜて、旨味のあるホウレンソウに育つ!
ベビーリーフの水耕栽培でもどうよな効果が表れています。
水耕栽培の利点である安定生産に、美味しさがプラスされるとお客様が付いてくる。評価される。

中玉トマトでの事例

0000034295.jpg
糖度が上がり、硝酸イオンが下がり、食味値が上がりました。また、心室(部屋数)が多いものの割合が増えました。
トマトですので、元肥も大切ですが、追肥のやり方も工夫しています。

柿(果樹)の事例

0000034518.jpg
写真は、柿で、いずれも三社柿という品種です。
ポーマン堆肥(ぼかし)を基本とし、土壌分析からの見える土作りで、肥料を選択しし施肥すると共に、ポーマン-Lの葉面散布を月1で行ったものです。

同じ品種にも関わらず、形状が丸くなっています。この柿は干し柿に加工しますが、ヘタの周りの皮が薄くむけるため、皮むきによる実の減りが少なくなります。

芝生(ゴルフ場)

0000041307.jpg

写真は、ゴルフ場で芝生の育成に、ポーマン-P及びポーマン-Lを使用した結果です。
お問い合わせ
株式会社国際有機公社
〒939-1681
富山県南砺市才川七678番地
TEL:0763-55-1602
FAX:0763-55-1775
受付時間 9:00〜17:00

モバイルサイト

株式会社国際有機公社モバイルサイトQRコード

株式会社国際有機公社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 栽培あれこれ
  • お問い合わせ