連作障害に強い、おいしい栽培を。
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

農業支援

作物を守るのではなく、
「強く」する

「作物を強くする」とは病害虫に強く、農薬を必要とせず、美味しさ、品質をよくすること。

土は作物を害のあるものから守り、必要な養分などを与えます。
そうした土本来の機能を最大限に引き出すことで「強い作物」を作ることができます。

それを可能にするには、現状の土を知ることが一番の近道です。

栽培上の問題や課題を見つけ、土作りの資材の選定、施肥量や肥培管理のタイミングなど、全体の工程を生産者と共に見直し、生産者の望む農産物ができるようお手伝いします。

複合土壌分析を生かした「見える土作り」を軸として、マネジメントを行い、現在栽培しているものを選ばれる農産物に仕上がるようサポートいたします。

土壌医が教えるセミナー情報

土壌医検定1級の資格を持つ土壌医が土づくりや、美味しく栽培する方法などセミナーを開催しております。
お気軽にご参加ください。

セミナー情報を見る

セミナー情報を見る

複合土壌分析とSmart施肥設計

土壌診断士(土壌医:土壌医検定1級、JGAP指導員)が生産者の作業内容などをヒアリング、現状の土壌を複合的に診断し、最適な土壌作りや施肥設計を行います。
どんな栽培方法、どんな農法であっても、土壌の状況が分からずに処置(施肥)を行うこと、問題の改善が出来ないばかりか、新たな問題発生の原因になります。

作物の生理に合った土作り、肥料の与え方で、健全な作物を栽培し、農薬の削減、作業の効率化、品質の向上、美味しさの向上、収穫量の向上を図ります。

どんなことでもお気軽にご相談ください。

土壌医(土壌医検定1級)が指導

「土壌学」「肥料学」「植物生理学」の高度な知識・技術と、5年以上の指導実績、または就農し土作りの実績がある者に与えられます。処方箋作成、施肥改善、作物育成改善などの指導を行えます。

北陸No.1!土作り年間200件以上、診断歴15年

土壌分析をするだけでなく、作物と土壌の種類から、現場にあった施肥設計を提案しています。生産者が普段使っている肥料を基本に、適切な肥料の種類と量を具体的に提案しています。

農林水産省Webサイトに「民間企業・団体等との連携先リスト 3.肥料関係」、「土づくり専門家」に登録しております。

複合土壌分析

土壌は「生物性」「物理性」「化学性」の3つの要素を持ち、それぞれが相互に関係しています。「物理性」と「化学性」は施肥によって直接コントロールできるため、この2つの要素を分析し、その結果から複合的に分析するのが複合土壌分析です。

「物理性」と「化学性」を複合的に土壌分析することで、定量的に土の現状・品質を把握し、農薬の削減や含有硝酸態窒素の低減など有害性の抑制が可能となり、安定した栽培が可能となります。

複合土壌分析でわかること

健全な育成の促進で減農薬、含有硝酸態窒素の低減など、有害性の抑制が期待できます。 定量的に土の状態や品質を把握でき、対策が立てやすくなり、安定した栽培が期待できます。

物理性 化学性
分析項目 土壌比重、三相分布(液相/気相/固相) EC、pH(KCL)、アンモニア態窒素、硝酸態窒素、置換性石灰、置換性カリ、置換性苦土、塩基飽和度、塩基置換容量(CEC)、石灰飽和度、カリ飽和度、苦土飽和度、有効態リン酸、リン酸吸収係数、腐植値
効果 ・保水力を把握し、適切な灌水の頻度を決定。効率的で適した水分補給を行うことができます。
・重さ(仮比重)や空気量(気相)から、堆肥などの投入量を決定します。
・作物・作型に合わせた施肥量を予測します。
・土壌養分を有効活用して、過剰施肥を防止。これによりコストを削減できます。
・土壌養分のバランスを改善し、秀品率を向上させます。
物理性
分析項目 土壌比重、三相分布(液相/気相/固相)
効果 ・保水力を把握し、適切な灌水の頻度を決定。効率的で適した水分補給を行うことができます。
・重さ(仮比重)や空気量(気相)から、堆肥などの投入量を決定します。
化学性
分析項目 EC、pH(KCL)、アンモニア態窒素、硝酸態窒素、置換性石灰、置換性カリ、置換性苦土、塩基飽和度、塩基置換容量(CEC)、石灰飽和度、カリ飽和度、苦土飽和度、有効態リン酸、リン酸吸収係数、腐植値
効果 ・作物・作型に合わせた施肥量を予測します。
・土壌養分を有効活用して、過剰施肥を防止。これによりコストを削減できます。
・土壌養分のバランスを改善し、秀品率を向上させます。

Smart施肥設計

生産者にヒアリングした内容、現在の施肥内容、複合土壌分析の結果から、最適な施肥設計を作成いたします。
作物が一つ一つ違うように、生産者の農業に適切な施肥も一つ一つ異なります。生産者の目標にあった作物と畑にあった土作りをご提案いたします。

Smart施肥設計のポイント

Point
1
分析結果は、具体的な数値と分かりやすい「棒グラフ」でお伝えします。
Point
2
化学性と物理性の2面からの現状を基に、問題点を解説します。
Point
3
施肥設計に必要な肥料成分の過不足値を具体的な数値でお伝えします。
Point
4
栽培者使用の肥料を使い、適切な肥料設計を分かりやすく提案します。
Point
5
肥料・農薬などの経費の無駄使いと品質安定とロスの削減に貢献します。

複合土壌分析(見本)

Smart施肥設計(見本)

ご利用料金

1圃場につき はじめての方 他社分析値をお持ちの方(3ヶ月以内の分析に限る)
土壌分析 12,960円(税込)
土壌診断 10,800円(税込)
施肥設計

※分析器は富士平工業SFP-3を使用いたします。
※土壌診断は土壌サンプル到着後、約3週間かかります。
※土壌採取は、日当、交通費別途を請求する場合があります。

土壌分析から施肥実施までの流れ

Step.1
お問い合わせ

まずは、下記の「お問い合わせ」より、必要事項をご記入の上、当社までご連絡ください。 内容確認後、当社よりご連絡いたします。

Step.2
ヒアリング

今、困っていることや普段の作業内容をお聞かせ下さい。 あなたの農業の課題や手法を把握することで、生産者に合わせた施肥設計へとつなげます。

Step.3
複合土壌分析
のお申込み

(1) 採土
圃場全体の土壌の状況を確認するために、「採土マニュアル」を参考に土を採取していただきます。 適切な施肥設計を行うためには適切な場所の土が必要になりますので、必ず採土マニュアルをご一読くださいますようお願いいたします。



(2) お申込用紙の記入
「複合土壌診断お申込用紙」をダウンロード後、印刷をしていただき、内容をご記入ください。



(3) 郵送
お申込み用紙の内容をご記入の上、採土した土壌サンプル、または他社分析値の資料と一緒に下記宛先までお送りください。 郵送料はお客様の負担とさせていただきます。

<郵送先>
〒939-1681
富山県南砺市才川七678番地
株式会社国際有機公社 宛

他社分析値をお持ちの方は分析資料を郵送ください。

(4)料金のお振込
当社指定の口座まで料金をお振込みください。お振込確認後、複合土壌分析を開始いたします。

Step.4
土壌診断・
施肥設計の提案


ヒアリングや土壌診断の結果を元に肥料選定・施肥量スケジュールなどの設計を行い、ご提案いたします。 生産者によって栽培する作物や、環境は異なります。 ご提案した内容の意見を聞きながら、生産者の望む農作物ができるよう一緒に考えていきます。

Step.5
施肥の実施・
収穫・改善

<施肥の実施>
一緒に考えた施肥設計、土壌管理などを実施いたします。
月や太陽の動きのリズムを「太陰太陽暦」で知り、温度や光の変化、引力による水の影響、虫や病気の発生時期を予測して、栽培・管理を行うこともできます。

<収穫・改善>
作物の収穫時に、土壌や作物の状態を測定します。作物の揃いや食味、土壌の栄養成分などを分析し、次年度の更なる改善を一緒に考え、判断していきます。
土壌状態の維持・改善は、土壌分析や施肥設計を収穫の度に繰り返し行うことで、更に効果が高まります。また、連作障害、収量や品質も改善し、作業の効率・手間も少なくなっていきます。

アフターフォローいたします

土壌診断及び施肥設計のご提案後、現場まで伺い、土壌・施肥管理の説明会やワークショップ、圃場視察など行い、生産者の方と一緒にどのように進めるかを一緒に考えていきます。
前年の結果を分析しながら、毎年継続していくことで、年々無駄が少なく、良い作物が収穫できます。

JGAP認証取得のサポートをいたします

「JGAP」は2006 年にNPO法人として設立した「一般財団法人日本GAP協会」が食の安全や環境に取り組む農場に与えられる認証です。
農作物の管理(土、水、肥料、農薬、衛生、放射能)の約120以上の基準が定められており、第三者機関の審査により認定された農場に与えられます。

認証取得することで、安全な農作物であり、環境への配慮している信頼できる農場としてと認められます。

当社では「JGAP」認証農場となるためのお手伝いをいたします。
JGAP指導員の資格を持ったスタッフが農場ごとに施設や圃場の事情がことなるため、農場に合わせた管理方法を考えていきます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ



<日本GAP協会ホームページ> http://jgap.jp/