連作障害対策と土壌改良剤の製造販売
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

最新情報

キュウリ(初)

2020.04.28 土壌診断実施

生産者の課題:元肥の施肥設計、土壌状況の確認

診断結果は、

化学性:窒素少ない。リン酸不足、保肥力(CEC)低い、塩基飽和度低い、pH低い、EC低い、苦土、加里不足。そして、バランスから観ると石灰も不足。

物理性:比重は重く、気相が少なく、固相が多い土壌。

[対応] 元肥通常施肥、石灰、苦土、加里を施肥し、バランスで改善を図る。畝を高くし、排水を確保すると共に、堆肥の施肥を実施する。

保肥力(CEC)が低いので、灌水、追肥を短い間隔で行う。

#キュウリ #土壌医 #土壌診断士 #バイオスティミュラント #ポーマン #連作障害 #Soil health experts