連作障害に強い、おいしい栽培を。
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

最新情報

トマト(6作目)

2019.07.13 土壌診断実施

生産者の課題:現状の土壌環境の把握

診断結果は、

化学性:リン酸過剰蓄積、保肥力(CEC)適正、塩基飽和度が高い、pHが高い、ECも高い。

物理性:比重が重く、固相が高いが、気相も高いため、乾燥しやすい土壌。

有機質肥料の表層施肥と、窒素量を基準値に合わせて、pHを下げる資材を考えた施肥設計で、改善を図る。定期的な灌水で養分を吸わせると共に、土壌を乾かさないように管理する。

土壌水分が不足となりやすく、ハウス内の湿度も上がらないため、土壌に養分がたまりやすくなっている。