連作障害に強い、おいしい栽培を。
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

最新情報

ハクサイ、キャベツ(兵庫県、新規)

2019.09.05 土壌診断実施

生産者の課題:土壌の現状と肥料の種類があっているのかの確認

診断結果は、

化学性:リン酸適正、保肥力(CEC)小さい、塩基飽和度高い、pH・EC適正、苦土・加里の不足。

物理性:比重が重く、固相の割合の高い土壌。→ 砂土壌

[対応] 元肥はボカシ肥料として、苦土、加里のバランスを整える。追肥で調整する。乾きやすく、肥料が雨で流れやすい。