連作障害に強い、おいしい栽培を。
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

最新情報

ミニトマト(7年連続7作目)

2019.06.08 土壌診断実施

生産者の課題:土壌の定期診断として、施肥量を確認する。

診断結果は、

化学性:リン酸過多、加里不足、バランスから観ると苦土の施肥が必要。

物理性:比重適正、気相、固相、液相のバランスが良く課題なし。

新しい圃場と古い圃場の差がなくなり、同様に肥培管理できる状況で、安定した栽培が可能。