連作障害対策と土壌改良剤の製造販売
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

最新情報

愛知県のキュウリ農家(JA部会) ほ場巡回

2019.12.03 状況確認・視察

愛知県のあるJAの安全安心で美味しいキュウリ作りを実践している部会は、栽培期間中、定期的に各生産者を周り勉強会を開催されている。今回は、令和元年初めての作付け、初回の巡回に参加させてもらう。

植える前の土作りで、土発酵をさせている。有機物(籾殻、米ぬか)と微生物資材、そして、ポーマン-Pを施肥し、トラクターで耕起し、透明ビニールシートで覆い数日間発酵させる(夏場)。

定植後は、ぼかし肥料の追肥とポーマンLの灌水を行なっている。柔らかくて細胞の緻密なキュウリがたくさんぶら下がっていた。株下のシートのしたには、白いカビがびっしりと広がり、土のいい香りがしていた。

美味しいキュウリが、来年6月前後まで収穫できる。