連作障害に強い、おいしい栽培を。
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

ポーマンの作物別使用例

ユリ、チューリップ、にんにく

数値:10a当り

種子処理

KY酵素(500倍)の混合液に2〜3時間浸漬し、その後、すぐに水気を切って植え付けをしてください。

目的

発根促進、病害虫発生予防と発芽率向上

 

本圃

ポーマン-P(5〜7袋 )と有機質肥料(ぼかし肥)と、不足している肥料成分(リン酸、加里、苦土など)を散布耕起して下さい。

(ポーマン-Pは、定植後土の上から散布する方が良い。)

春先芽が出る前に

ポーマン-L(100倍:200ℓ)を葉面散布して下さい。

発芽後

ポーマン-L(100〜200倍液)を7日おきに葉面散布して下さい。

つぼみを持つた時

ポーマン-P(1〜2袋)を追肥して下さい。

花が咲くまで

ポーマン-L(100〜200倍)を7〜10日おきに葉面散布して下さい。

作物別一覧へ