連作障害に強い、おいしい栽培を。
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

ポーマンについて

土壌を活性、浄化してくれる「ポーマン」

ポーマンは、主原料として富山湾で獲れた生の鰯(イワシ)を、「活性ケイ素」に丸ごと加えて6カ月以上発酵熟成した「いわしアミノ酵素」を素にした、土壌活性浄化材です。

富山産の良質ないわしと活性ケイ素の働きにより、相乗的に効果を発揮し、作物の栄養や微生物のえさにもなる天然のアミノ酸のほか、有機態リン酸やミネラルを含み、酵素の力で作物と土壌に活力を与えます。

ポーマンの最大の特徴は、発酵熟成に「活性ケイ素」を使用している点です。
「活性ケイ素」とは、ケイ素を水溶性にして反応・吸収をしやすくしたもので、ケイ素には、細胞の活性化や土壌pHを中和し、さまざまな病気を誘発する活性酸素を除去する働きがあります。

そのほか、植物や土壌微生物の活性化を促進する各種必須アミノ酸、ビタミン郡などの栄養素が微生物活動の活性化を促進し、相互の天敵作用で自然なバランスを促します。

「ポーマン」はバイオスティミュラント資材として効果のある製品

バイオスティミュラントとは、植物本来の生命力や機能を高め、病害虫への耐性を高めたり成長を促したりする物質や技術のことです。バイオスティミュラント資材は、天然抽出物などを原料に、たんぱく質類、酵素、ビタミン、アミノ酸、ベタイン、酵素、糖類などを含み、根量増加、葉色向上、耐暑性、耐寒性、耐乾性などを高め、収穫物の品質向上や収量の増加などに大きく効果のある資材として、今世界中で注目をあびています。

日本バイオスティミュラント協議会 http://www.japanbsa.com/index.html

ポーマンの作用

ポーマンの使用時期と使用方法

使用時期

土づくりの一環として主に元肥や追肥と混合して散布します。土壌が柔らかい状態になり、通気性、保水性が向上、肥効が促進されます。 元肥に使用できなかった場合は、畝間や株元に散布します。

主に栽培管理用として使用し、灌水、葉面散布することで光合成が活発になり、また病害虫の発生を抑えてくれます。 即効性があり、ポーマンP(G)の緩行性を補完します。 は種、植え付け後7〜10日位までに1度散布し、その後10〜15日おきに、3〜5回与えると効果があります。

ポーマンの基本的な使用方法

地力を回復し、品質の良い作物にするために、ポーマン-P(G)とポーマン-Lの併用を強くおすすめします。

使用量(目安) 露地:3袋/10a
施設:5袋/10a
鉢上げ用の土に使用:500~1000g/土1㎡
潅水:3〜5ℓ/10a
葉面散布:100倍(70〜200倍)に希釈して使用。
液肥と混合して使用:ポーマン-L(20ℓ)に液肥(10〜15ℓ程度)
使用方法 【露地・施設で使用の場合】
<土壌作り時>
土壌づくりの始め、元肥(堆肥)や有機質肥料(ぼかし)と一緒に施用。
※元肥に使用できなかった場合、必ず畝間や株元に散布する。
<育成時>
追肥と一緒に施用。

【鉢上げ用の土に使用の場合】
鉢上げ前の早い時期に混合し、寝かしておく。
<は種・定植時、発芽時>
は種を植え付け後7〜10日くらいまでに散布。その後10〜15日おきに3〜5回与える。
<定植時>
ドブ漬けまたは定植後、株下に灌水する。
<発芽時>
本葉展開時に噴霧する。
<育成時>
葉面散布・灌水をする。

※噴霧・葉面散布・灌水は自然のリズムと作物の生理に合わせて行う。

【病害虫発生時】
ポーマン-Lを散布し、次いで適合農薬を散布する。(農薬との混合も可能ですが、できるだけ単体での使用が望ましい。)
使用量(目安) 露地:3袋/10a
施設:5袋/10a
鉢上げ用の土に使用:500~1000g/土1㎡
使用方法 【露地・施設で使用の場合】
<土壌作り時>
土壌づくりの始め、元肥(堆肥)や有機質肥料(ぼかし)と一緒に施用。
※元肥に使用できなかった場合、必ず畝間や株元に散布する。
<育成時>
追肥と一緒に施用。

【鉢上げ用の土に使用の場合】
鉢上げ前の早い時期に混合し、寝かしておく。
使用量(目安) 潅水:3〜5ℓ/10a
葉面散布:100倍(70〜200倍)に希釈して使用。
液肥と混合して使用:ポーマン-L(20ℓ)に液肥(10〜15ℓ程度)
使用方法 <は種・定植時、発芽時>
は種を植え付け後7〜10日くらいまでに散布。その後10〜15日おきに3〜5回与える。
<定植時>
ドブ漬けまたは定植後、株下に灌水する。
<発芽時>
本葉展開時に噴霧する。
<育成時>
葉面散布・灌水をする。

※噴霧・葉面散布・灌水は自然のリズムと作物の生理に合わせて行う。

【病害虫発生時】
ポーマン-Lを散布し、次いで適合農薬を散布する。(農薬との混合も可能ですが、できるだけ単体での使用が望ましい。)

ポーマンの作物別使用例

小麦、大麦

詳しく見る

ユリ、チューリップ、にんにく

詳しく見る

芝生

詳しく見る

お茶

詳しく見る

一覧を見る

ポーマン製品ラインナップ

連作障害改善、不良品や病害虫の発生低下、健全な育成に。

詳しく見る

【露地栽培用】連作障害改善、不良品や病害虫の発生低下、健全な育成に。

詳しく見る

【栽培管理に】食味の向上、不良品や病害虫の発生低下、健全な育成に。

詳しく見る