連作障害対策と土壌改良剤の製造販売
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

土壌改良剤
「ポーマン」

活性ケイ素入り土壌改良剤「ポーマン」について

「ポーマン」は、土壌環境を「アミノ酵素」と「活性ケイ素」の力で改善する土壌改良用の資材です。土壌成分のバランスが崩れることから発生するさまざまな病気などへの耐性を強化して土壌水をキレイにし、作物の品質(味・見た目・日持ち)向上、収量の増加を促進するバイオスティミュラント資材です。

バイオスティミュラント資材とは

バイオスティミュラントとは、植物本来の生命力や機能を高め、病害虫への耐性を高めたり成長を促したりする物質や技術のことです。バイオスティミュラント資材は、天然抽出物などを原料に、たんぱく質類、酵素、ビタミン、アミノ酸、ベタイン、酵素、糖類などを含み、根量増加、葉色向上、耐暑性、耐寒性、耐乾性などを高め、収穫物の品質向上や収量の増加などに大きく効果のある資材として、今世界中で注目をあびています。

日本バイオスティミュラント協議会 http://www.japanbsa.com/index.html

品質向上、収量増に。
ポーマンの効用

ポーマンは、作物の育成に必要な基本的土壌環境を整えます。
植物や土壌微生物の活性化を促進する各種必須アミノ酸、ビタミン郡などの栄養素が微生物活動の活性化を促進し、自然なバランスを整え、土壌環境が安定するのです。
その結果、気候の変動にも耐えられるように「強い作物」になりますから、作物の品質が向上し、収量も増加して、経営も安定します。

ポーマンの主原料

主原料は、富山湾で獲れた生の鰯(イワシ)を、「活性ケイ素」に丸ごと加えて6カ月以上発酵熟成した「いわしアミノ酵素」です。富山産の良質ないわしと活性ケイ素の働きにより、相乗的に効果を発揮し、作物の栄養や微生物のえさにもなる天然のアミノ酸のほか、有機態リン酸やミネラルを含み、酵素の力で作物と土壌に活力を与えます。

ポーマンの最大の特徴は、発酵熟成に「活性ケイ素」を使用している点です。
「活性ケイ素」とは、ケイ素を水溶性にして反応・吸収をしやすくしたもので、ケイ素には、細胞の活性化や土壌pHを中和し、さまざまな病気を誘発する活性酸素を除去する働きがあり、いわしと一緒に発酵させることで、抗酸化力、還元力などが増します。

そのほか、植物や土壌微生物の活性化を促進する各種必須アミノ酸、ビタミン郡などの栄養素が微生物活動の活性化を促進し、相互の天敵作用で自然なバランスを促します。

いわし

一般的にはアラだけが使われますが、ポーマンには、富山湾で獲れた新鮮ないわしをまるごと使用しています。 「いわし」の主要栄養分であるタンパク質、各種アミノ酸は、土壌微生物の増殖を促し、土壌環境を改善すると同時に、直接的に根からアミノ酸や多糖類の吸収を高めます。さらに、発酵させることによって、植物の細胞分裂、細胞生長など形態形成に関与する機能性物質が生まれ、環境ストレス耐性を植物にもたらします(ポリアミン)。
これらが、旺盛な光合成による作物の糖やタンパク質、アミノ酸の生成が作物の品質向上と収量アップに作用し、また、土壌微生物の増殖により、土壌中の有機物や施肥された有機物が分解され、様々な有機副産物となり、作物の生育促進、回復を促します。

農業で注目される「ケイ素」

ケイ素は、人間の健康にも重要視されるミネラル成分で、作物においては耐病虫害性などを高めます。
活性ケイ素は、水溶性で吸収が早く、岩石,土壌中に多量に存在しているので、環境に負荷を与えることがなく、環境保全型農業でも期待されています。

ケイ素の豆知識

  • 地球上で2番目に多い元素で、地殻で一番多い(約3割)ミネラル元素はケイ素(シリカ)
  • ケイ素は14番目の元素で半金属、半導体で使用される。
  • ケイ素の濃度は水晶(石英)に多く、様々な岩石に含まれる。
  • 体をつくる元素の約96%は酸素、炭素、水素、窒素の4元素で、残り4%がケイ素を含みミネラル元素。わずかであるが、各組織に必要。
  • 人間のケイ素は加齢と共に減少する。40歳で子供の半分。体でケイ素が多いところは、骨、リンパ腺、歯、肺、皮膚、筋肉、肝臓、腎臓、脳、睾丸、血液

ポーマン製品ラインナップ

連作障害改善、不良品や病害虫の発生低下、健全な育成に。

詳細・購入はこちら

【露地栽培用】連作障害改善、土壌水をキレイにし、不良品や病害虫の発生低下、健全な育成に。

詳細・購入はこちら

【栽培管理に】灌水、葉面散布に使用し、水の抗酸化を促し、食味の向上、不良品や病害虫の発生低下、健全な育成に。

詳細・購入はこちら

ポーマンの使用時期と使用方法

使用時期

土づくりの一環として主に元肥や追肥と混合して散布します。土壌が柔らかい状態になり、通気性、保水性が向上、肥効が促進されます。 元肥に使用できなかった場合は、畝間や株元に散布します。

主に栽培管理用として使用し、灌水、葉面散布することで光合成が活発になり、また病害虫の発生を抑えてくれます。 即効性があり、ポーマンP(G)の緩行性を補完します。 は種、植え付け後7〜10日位までに1度散布し、その後10〜15日おきに、3〜5回与えると効果があります。

ポーマンの基本的な使用方法

地力を回復し、品質の良い作物にするために、ポーマン-P(G)とポーマン-Lの併用を強くおすすめします。

使用量(目安) 露地:3袋/10a
施設:5袋/10a
鉢上げ用の土に使用:500~1000g/土1㎡
潅水:3〜5ℓ/10a
葉面散布:100倍(70〜200倍)に希釈して使用。
液肥と混合して使用:ポーマン-L(20ℓ)に液肥(10〜15ℓ程度)
使用方法 【露地・施設で使用の場合】
<土壌作り時>
土壌づくりの始め、元肥(堆肥)や有機質肥料(ぼかし)と一緒に施用。
※元肥に使用できなかった場合、必ず畝間や株元に散布する。
<育成時>
追肥と一緒に施用。

【鉢上げ用の土に使用の場合】
鉢上げ前の早い時期に混合し、寝かしておく。
<は種・定植時、発芽時>
は種を植え付け後7〜10日くらいまでに散布。その後10〜15日おきに3〜5回与える。
<定植時>
ドブ漬けまたは定植後、株下に灌水する。
<発芽時>
本葉展開時に噴霧する。
<育成時>
葉面散布・灌水をする。

※噴霧・葉面散布・灌水は自然のリズムと作物の生理に合わせて行う。

【病害虫発生時】
ポーマン-Lを散布し、次いで適合農薬を散布する。(農薬との混合も可能ですが、できるだけ単体での使用が望ましい。)
使用量(目安) 露地:3袋/10a
施設:5袋/10a
鉢上げ用の土に使用:500~1000g/土1㎡
使用方法 【露地・施設で使用の場合】
<土壌作り時>
土壌づくりの始め、元肥(堆肥)や有機質肥料(ぼかし)と一緒に施用。
※元肥に使用できなかった場合、必ず畝間や株元に散布する。
<育成時>
追肥と一緒に施用。

【鉢上げ用の土に使用の場合】
鉢上げ前の早い時期に混合し、寝かしておく。
使用量(目安) 潅水:3〜5ℓ/10a
葉面散布:100倍(70〜200倍)に希釈して使用。
液肥と混合して使用:ポーマン-L(20ℓ)に液肥(10〜15ℓ程度)
使用方法 <は種・定植時、発芽時>
は種を植え付け後7〜10日くらいまでに散布。その後10〜15日おきに3〜5回与える。
<定植時>
ドブ漬けまたは定植後、株下に灌水する。
<発芽時>
本葉展開時に噴霧する。
<育成時>
葉面散布・灌水をする。

※噴霧・葉面散布・灌水は自然のリズムと作物の生理に合わせて行う。

【病害虫発生時】
ポーマン-Lを散布し、次いで適合農薬を散布する。(農薬との混合も可能ですが、できるだけ単体での使用が望ましい。)

ポーマンの作物別使用例

小麦、大麦

詳しく見る

ユリ、チューリップ、にんにく

詳しく見る

芝生

詳しく見る

お茶

詳しく見る

一覧を見る

ポーマンご利用者の声

ポーマン-P

地域 京都
作物 お茶

ポーマン-Pと有機配合肥料と同時施肥、節間が伸び過ぎず、葉が厚くなり、蒸しても目減りしないお茶が収穫できます。

ポーマン-P

地域 群馬
作物 レタス

ポーマン-Pの施肥で、根張りが変わりました。天候が悪くても安定しているようですし、揃いが良いようです。ポーマン-Lの葉面散布だけでも、生育が変ります。

ポーマン-P

地域 新潟
作物 ニンジン

ポーマン-Pの施肥。病気の発生が少なくなりました。柔らかいものに育つようです。

ポーマン-P

地域 北海道
作物 タマネギ

ポーマン-Pの施肥とポーマン-Lの葉面散布。糖度が比較的高く、硝酸態窒素の少ないものになりやすいようです。お客様からおいしいと喜ばれています。

一覧を見る

ポーマンの購入方法

ポーマン等弊社の農業資材は、下記代理店でお求めください。
お近くにない時やお急ぎの場合は、弊社オンラインショップからもお買い求めいただけます。

都道府県 会社・団体名 住所
北海道 (株)北肥アグリン 〒080-0024 北海道帯広市西14条南15丁目6-6 MYビル2F
(株)ウエサカ 〒069-1513 北海道夕張郡栗山町朝日3丁目97
アグリシステム(株) 〒082-0005 北海道河西郡芽室町東芽室基線15番8
岩手 (株)山清商店 〒020-0861 岩手県盛岡市仙北2丁目25-9
(株)水沢農薬 〒023-0001 岩手県水沢市卸町3-3
ムラタ農材店 〒020-0891 岩手県紫波郡矢巾町流通センター南4-12-3
秋田 (株)池田 本荘営業所 〒015-0041 秋田県由利本荘市薬師堂字山崎100-1
山形 (有)山形汎用 〒998-0859 山形県酒田市大町2番32号
福島 (有)イーモン 〒963-8021 福島県郡山市桜木1丁目12-10カーサ国分桜木B-1A
関菱化学(株)郡山 〒963-0551 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池22-322
茨城 グリーンセンター・ソシ 〒307-0001 茨城県結城市結城6939-1
(株) 野手のタネ 〒304-0063 茨城県下妻市小野子町1丁目29-2
(株)せきなが 〒300-3552 茨城県結城郡八千代町大間木405-23
(有)茨城農材 鉾田 〒311-1517 茨城県鉾田市鉾田2306-2
(有)茨城農材 潮来 〒311-2424 茨城県潮来市潮来439
栃木 さいとう種苗(株)小山店 〒323-0817 栃木県小山市東野田2245-10
群馬 (有)タネのオーエス 〒379-2304 群馬県太田市大原町1062
JA利根沼田 〒379-1204 群馬県利根郡昭和村森下2809-1
二幸商事(株) 〒379-0111 群馬県安中市板鼻790-1
埼玉 五風園産業(株) 〒366-0006 埼玉県深谷市血洗島98
千葉 (株)森田商店 〒286-0212 千葉県印旛郡富里町十倉1番地
(有)たねや高岡研究所 芝山店 〒289-1624 千葉県山武郡芝山町小池888
神奈川 三好種苗(株) 〒226-0019 神奈川県横浜市緑区中山町1丁目6-1
長野 (株)佐久協同 〒385-0056 長野県佐久市桜井3番地
新潟 (株)米三 〒940-0087 新潟県長岡市千手3丁目6-9
北越農事(株) 〒953-8602 新潟県新潟市西蒲区巻甲2517番地
石川 JA金沢市 〒920-0011 石川県金沢市松寺町未59-1
JA金沢中央 〒921-8011 石川県金沢市入江1丁目1
岐阜 (株)山正 〒500-8381 岐阜県岐阜市市橋4丁目5-15
愛知 榊原農材(株) 〒470-2216 愛知県知多郡阿久比町大字植字築地6-1
トヨタネ(株) 〒441-8517 愛知県豊橋市向草間町北新切12-1
(株)中神種苗店 〒441-3427 愛知県田原市加治町新田67-1
三重 西部アレフ(株) 〒514-0131 三重県津市あのつ台4丁目7番5号
奈良 山宇物産(株) 〒630-8104 奈良県奈良市奈良阪町2287
島根 山陽薬品(株)島根支店 〒690-0011 島根県松江市東津田町1252
岡山 吉田化成(株) 〒710-0057 岡山県倉敷市昭和1丁目3-28
徳島 (株)さとう農園 〒771-1201 徳島県坂野郡藍住町奥野81
愛媛 伊予農産(有) 〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目8-5
高知 (株)高知前川種苗 〒783-0085 高知県南国市十市1627-1
長崎 八江農芸(株)本社 〒854-0023 長崎県諫早市厚生町3-18
熊本 (株)興農園 〒861-0142 熊本県熊本市北区植木町鎧町1462
(株)光延農園 〒869-3602 熊本県上天草市大矢野町上1530-3
宮崎 (株)宮崎前川種苗 〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町名加須中園2795-3
轟(有) 〒880-0123 宮崎県宮崎市大字芳士1675
鹿児島 園屋種苗店 〒899-0212 鹿児島県出水市上知識423番地
(有)国分種苗 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3丁目23-8
(株)二葉園芸種苗 〒891-0122 鹿児島県鹿児島市南栄6-2-29
北海道
(株)北肥アグリン
〒080-0024 北海道帯広市西14条南15丁目6-6 MYビル2F
(株)ウエサカ
〒069-1513 北海道夕張郡栗山町朝日3丁目97
岩手
(株)山清商店
〒020-0861 岩手県盛岡市仙北2丁目25-9
(株)水沢農薬
〒023-0001 岩手県水沢市卸町3-3
ムラタ農材店
〒020-0891 岩手県紫波郡矢巾町流通センター南4-12-3
秋田
(株)池田 本荘営業所
〒015-0041 秋田県由利本荘市薬師堂字山崎100-1
山形
(有)山形汎用
〒998-0859 山形県酒田市大町2番32号
福島
(有)イーモン
〒963-8021 福島県郡山市桜木1丁目12-10カーサ国分桜木B-1A
関菱化学(株)郡山
〒963-0551 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池22-322
茨城
グリーンセンター・ソシ
〒307-0001 茨城県結城市結城6939-1
(株) 野手のタネ
〒304-0063 茨城県下妻市小野子町1丁目29-2
(株)せきなが
〒300-3552 茨城県結城郡八千代町大間木405-23
(有)茨城農材 鉾田
〒311-1517 茨城県鉾田市鉾田2306-2
(有)茨城農材 潮来
〒311-2424 茨城県潮来市潮来439
栃木
さいとう種苗(株)小山店
〒323-0817 栃木県小山市東野田2245-10
群馬
(有)タネのオーエス
〒379-2304 群馬県太田市大原町1062
JA利根沼田
〒379-1204 群馬県利根郡昭和村森下2809-1
二幸商事(株)
〒379-0111 群馬県安中市板鼻790-1
埼玉
五風園産業(株)
〒366-0006 埼玉県深谷市血洗島98
千葉
(株)森田商店
〒286-0212 千葉県印旛郡富里町十倉1番地
(有)たねや高岡研究所 芝山店
〒289-1624 千葉県山武郡芝山町小池888
神奈川
三好種苗(株)
〒226-0019 神奈川県横浜市緑区中山町1丁目6-1
長野
(株)佐久協同
〒385-0056 長野県佐久市桜井3番地
新潟
(株)米三
〒940-0087 新潟県長岡市千手3丁目6-9
北越農事(株)
〒953-8602 新潟県新潟市西蒲区巻甲2517番地
石川
JA金沢市
〒920-0011 石川県金沢市松寺町未59-1
JA金沢中央
〒921-8011 石川県金沢市入江1丁目1
岐阜
(株)山正
〒500-8381 岐阜県岐阜市市橋4丁目5-15
愛知
榊原農材(株)
〒470-2216 愛知県知多郡阿久比町大字植字築地6-1
トヨタネ(株)
〒441-8517 愛知県豊橋市向草間町北新切12-1
(株)中神種苗店
〒441-3427 愛知県田原市加治町新田67-1
三重
西部アレフ(株)
〒514-0131 三重県津市あのつ台4丁目7番5号
奈良
山宇物産(株)
〒630-8104 奈良県奈良市奈良阪町2287
島根
山陽薬品(株)島根支店
〒690-0011 島根県松江市東津田町1252
岡山
吉田化成(株)
〒710-0057 岡山県倉敷市昭和1丁目3-28
徳島
(株)さとう農園
〒771-1201 徳島県坂野郡藍住町奥野81
愛媛
伊予農産(有)
〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目8-5
高知
(株)高知前川種苗
〒783-0085 高知県南国市十市1627-1
長崎
八江農芸(株)本社
〒854-0023 長崎県諫早市厚生町3-18
熊本
(株)興農園
〒861-0142 熊本県熊本市北区植木町鎧町1462
(株)光延農園
〒869-3602 熊本県上天草市大矢野町上1530-3
宮崎
(株)宮崎前川種苗
〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町名加須中園2795-3
轟(有)
〒880-0123 宮崎県宮崎市大字芳士1675
鹿児島
園屋種苗店
〒899-0212 鹿児島県出水市上知識423番地
(有)国分種苗
〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3丁目23-8
(株)二葉園芸種苗
〒891-0122 鹿児島県鹿児島市南栄6-2-29

オンラインショップ