連作障害対策と土壌改良剤の製造販売
株式会社国際有機公社

お問い合わせ

土壌改良

土壌改良で「作物を強くする」

「作物を強くする」とは病害虫に強く、農薬を必要とせず、美味しさ、品質をよくすることです。
土は作物を害のあるものから守り、必要な養分などを与えます。
そうした土本来の機能を最大限に引き出すことで、作物を守るのではなく、「強い作物」に育てることができます。
それには、現状の土を知ることから始めます。

土壌改良とは、耕作に不適な土壌を改良し、圃場の地力(生産力)を増進させるために、土地に資材を投入して土壌の理化学性および生物性を改良すること(Wikipediaより)です。つまり、作物が十分育つように、土の状態を良くすることです。
弊社では栽培上の問題や課題を見つけ、土作りの資材の選定、施肥量や肥培管理のタイミングなど、全体の工程を生産者と共に見直し、生産者の望む農産物ができるようお手伝いしています。

複合土壌分析を生かした「見える土作り」を軸として、マネジメントを行い、現在栽培しているものを選ばれる農産物に仕上がるようサポートするのが、国際有機公社の農業支援事業「アグリケア」で、まず「土づくり・土壌改良」から、見直します。

土壌分析・土壌診断について